ホーム > 新着情報・お知らせ > 2017年07月 > 「うちは家族葬」と決める前に

新着情報・お知らせ

「うちは家族葬」と決める前に [葬祭関係]

福祉葬祭 勝山(2017年7月26日 09:30)



58a1982af4db37dfafef454b47a46a6e_s.jpg
「うちは家族葬」
--------------------------------------------------------------

そうご家族に伝えている方はいらっしゃいますか?

また、ご家族から言われた経験がある方はいらっしゃいますか?



6月はお客様より81件の事前相談をお受けし、

そのうち約半数の方が家族葬を希望されていました。



家族葬を考えている方が増えています。



今回は、家族葬のご相談の際にお話させていただく

メリットとデメリットをご紹介いたします。



328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s.jpg


【家族葬のメリット】


◆ ご挨拶や接待などに時間が割かれることなく
  最期のお別れをゆっくりと過ごすことができます。


多数の会葬者が訪れる葬儀の場合、

ご遺族側は、その分ご挨拶される方や接待する方が多くなります。

故人様の日頃のお付き合いが見えたり、

ご家族が知り得なかった想いやエピソード、言葉などを

伝えてくださったりと良かったと思える部分も多くありますが、

忙しいため故人様との時間を思うように持てない

こともあります。

家族葬は、親しいお身内を中心に少人数で執り行うため、

故人様との最後のお別れをゆっくりと過ごすことができます。



◆ 習慣やしきたりにとらわれず、ご家族の想いを
  優先したお見送りができます。


地域によって葬儀の習慣やしきたりも様々です。

家族葬は、それらにとらわれず、故人様やご家族が希望する

最後のお別れを実現することができます。




【家族葬のデメリット】


◆ 葬儀後に多くの弔問者が自宅に訪れる場合
  対応の負担が増えます。


生前お付き合いが広くあった方は、家族葬で執り行ったことにより、

葬儀後、自宅へ多数の弔問者が訪れる場合があります。

ご遺族は、接客や返礼対応の負担が増えます。



◆ 「なぜ知らせてくれなかったの」と反感を招く
  可能性があります。


家族葬は社会性のあるものではありません。

縁のあった方々の中には、「最期に会ってお別れしたかった」と

強く思う方から理解を得られない可能性があります。




メリットとデメリットをふまえて
--------------------------------------------------------------

両方を理解した上でお決めいただくのが最良です。

家族葬に限らず、一般葬や直葬においても

メリットとデメリットがあります。

福祉葬祭では、事前相談を無料でお受けしております。

ご家族に合った葬儀を決めるために

事前相談をお役立てください。





--------------------------------------------------------------

【福祉葬祭 総合受付】 TEL 0120-37-4949

--------------------------------------------------------------


福祉葬祭が主宰する「葬儀共済」ご入会も、
随時受け付けております。

【福祉葬祭 葬儀共済】 TEL 0120-082-055

葬儀共済について→
http://www.fukushisousai.co.jp/kyousai/index.html

 

お急ぎの方はこちら

早朝・夜間・深夜 24時間 365日、いつでもご連絡ください。ご質問は0120-37-2469、葬儀依頼は、0120-37-4949まで

メールでのお問い合わせはこちら